WEBサイトを作る事で生まれるメリットについて

そんなのインターネットでお客さんを呼んだり物を売ったり出来る事だろって思った方・・・・

正解です。

でもそれは1つ目のメリットです。

しかしただ作っただけではお客さんを呼んだり物を売ったりする事は難しいのです。
きちんと戦略を練って作ったHPのみがその恩恵を受け取る事ができるのです。

WEBサイトの目的がお問い合わせをもらう事だとしたら次のようなプロセスを辿ります。

  1. サイト自体を見つけてもらう
  2. 次にサイトに入ってきてもらう
  3. サイトを読んでもらう
  4. サイトからお問い合わせをもらう

ホームページとはこのようなプロセスを辿ってやっと目的が達成されます。
もっと細かく分ける事もできますがここでは省いて説明しています。

これがどれほど大変で多くのWEB担当者の頭を悩ませている事でしょう。
プロセス一つ一つに大きな壁があります。
それらをきちんと戦略を練って攻略していかないといけないのです。
メリット2つ

では二つ目のメリットとは何なのか?

戦略的にホームページを作るという事は少なからずいろいろな事を調べる必要が出てきます。
その過程で必ず自社を見直す機会が生まれます。
なぜなら戦略的にサイトを作ろうと思った場合、自社の事を今までに無いくらいに考えるからです。
更には自社のお客様について競合店についても考えなくてはいけません。
もっと言うのであれば市場全体を調べる必要があります。
そんな大変な事できるのか?と思いますね。

でもWEBではそれが出来てしまうんです。

例えばあなたはお客さんがどのようなキーワード検索しているか?という事を調べたとします。
これは言ってみればお客さんがどのような事に関心があるのかが分かってしまうことになります。
もちろん地域を絞る事もできますので自分の地域でどのようなニーズがあるのかを知る事が出来てしまいます。

その他にも様々な事が分かってしまいます。

他のお店のHPにどのようなキーワードでたどり着いたか?

お客さんの行動が手に取るように分かってしまいます。

他のお店はどのようなキーワードでの集客を狙っているのか?

これはそのお店が何で集客しようとしているかがわかります。
そのお店の売りたい商品をキーワードにしている可能性が高いのです。

あなたのお店のHPにどのようなキーワードでたどり着いたか?

あなたのお店に何を求めてサイトに来たかがわかります。

あなたのHPのどの部分が読まれていてどの部分が読まれていないのか?

あなたのHP上でお客様の興味があることがわかります。

これだけではありませんが、様々な事が分かってしまうのです。

実店舗でも活用できる

これを実店舗に活かす事が出来たら今までより悩みが少なくなる事はわかりますよね?
ヒントはいたるところに転がっています。
しかしそんな事まで調べる車屋は私を含めて今まで数人しか見た事ありません。
しかし確実に競争優位を築く事ができるようになります。
なぜなら戦略的にサイトを作り上げる工程で
自社を知り、相手を知り市場を知る事が出来るのです。

孫子の兵法にもこのような言葉がありました。

「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず。」
(敵の実力を見極め、己の力を客観的に判断して敵と戦えば、100戦したところで危機に陥るようなことはない。)敵の実力を見極めようとせず、己の力だけを客観的に判断して敵と戦えば、勝つか負けるかはわからない。敵の実力を見極めようとせず、己の力すら客観的に判断できないで敵と戦えば、戦う度に危機に陥るであろう。

「天を知り、地を知れば、すなわち勝、窮まらず。」
敵の実情を知り、味方の実情を知れば、 勝利を得ても危ない目には遭わず、天の時を知り
地の形を知れば、困窮することなく敵と戦って勝つことができるのです。

ビジネスでよく3Cと言ういい方しますね。
3Cとは Customer、Competitor、Company (市場、競合企業、自社)の事です。

まさにこれと同じなのです。

でもあくまでもきちんと調査分析したうえでホームページを戦略的に作り上げた場合です。
もちろん完璧なHPを作り上げようとしたらきりがありませんしとてつもない時間がかかってしまいます。
しかしHPを戦略的に作る事で他社よりもあなたのビジネスが優位にできる情報が手に入ります。
その情報を元に自社の見直しも出来てしまうのです。

ぜひ戦略的にHPを作ってみてはいかがでしょうか?

詳しい事はお問い合わせください。