車屋の集客のためのホームページとWEB戦略を行います。

お店でどのような良いサービスを提供していても知ってもらえなければお客様がお店にやってくることは無いでしょう。
お店にお客様を呼ぶには自社のサービスを知ってもらうことが絶対条件になります。
私達は集客や売り上げアップの為にホームページを活用させます。

ご存知かと思いますが現在ではほとんどの人がインターネットを利用しています。
気になる事や知りたい事、欲しいものがあった場合は商品の特徴や価格など様々な場面で活用されています。

そして「車が欲しい」となればほとんどの人がインターネットで車を探したり、車の特徴を調べたりします。
そのほとんどのお客様が最初に目にするのは中古車情報誌【サイト】です。
情報量も多く検索すればすぐに自分の欲しい車の金額やどこのお店に在庫があるかわかるのでとても便利です。

中古車情報サイトの落とし穴

中古車情報誌【サイト】中古車情報誌【サイト】には落とし穴があります。
それは、価格競争に巻き込まれやすいという点です。

身に覚えがあるかもしれませんが自社の在庫車両を見てもらうために価格を抑えて掲載した事ありませんか?
なぜならそれはあなたが中古車情報誌【サイト】を見る人のほとんどが価格を優先して探している事を知っているからです。

そして最も怖く気をつけたいのが顧客の口コミです。
安い価格で掲載してひどい車を売ってしまった場合の口コミは酷いものになるでしょう。
悪い口コミしかないお店ではお客様は買ってくれません。

少し考えて見てください。

中古車情報誌【サイト】に依存している会社が悪い口コミしかないとしたらその会社は時間の問題でしょう。

つまりポータルサイトに依存していると万が一の自体が起きたときに販路が無くなる危険性があります。
しかし便利で多くの人に見てもらえる可能性が高いという事でそこに掲載さえしていればよいという考えに陥ってしまいます。

これをプラットフォーム依存といいます。

決して中古車情報誌が悪いと言っているわけではありません。
本来なら集客の為の「ひとつのツール」としてポータルサイトを使うべきであるという事です。

自社のホームページから集客できる力を持つ

自社のホームページから集客上記の理由から自社ホームページを持ち強化していくことは必要であると考えられます。
さらに自社ホームページを強化することで
価格競争と関係ないところで問い合わせが来る可能性が高くなります。
自社の商品やサービスをお客様に伝えることで自社に会ったお客様を集客する事が出来ます。
つまり、自社の価値のわかるお客様へご納得して頂いた上で商品やサービスを提供する事が可能になります。
しかしこれは相当難易度の高い事です。

車屋のダメなホームページ

車屋さんのホームページをよく目にしますが、集客できていそうなところは少ないです。
なぜならサービス自体の強みではなくモノで売っているお店が多いからです。

つまりモノを前面に出してしまうと価格競争に巻き込まれてしまう恐れがあります。
それでは情報誌と同じになってしまいます。

モノで売れるのならそれでいのですが車という商品性質上モノで売る事は難しくなります。

なぜなら、同じ年式、同じ色、同じような走行距離の車は世の中に沢山あります。
つまり車というのは車両自体で差別化することが非常に難しい商品なのです。
そこで私達はある方法で集客しそこから来たお客様に対して本来売りたい商品を売るという方法を取ります。

どのように見てもらうかも重要

どのように見てもらうかも重要しかしそれだけでは集客するまでにはいたりません。
HP自体をどのようにしてお客様に見てもらうかが問題になります。
ただ作っただけのホームページでは検索順位は上がらずお客様の目に触れる機会は少ないでしょう。
お客様の目に触れる為に検索順位を上げるための努力をしないといけません。
更にはお客様の動向やどのようなキーワードで検索しているかなどを細かくチェックする必要もあります。
失敗している多くのホームページは「中古車」などのビックキーワードで上位表記させようとしています。
もっと失敗している会社は会社名のみで上位表記させようとしているのです。

読んでもらえるHPを作る

お客様がどこを熟読していてどこを飛ばし読みしているかをチェックし読んでもらえるHPをつくらないといけません。
また作り方にも工夫が必要になります。
お客様がどこで離脱しているかなどを調べる必要もあります。
そしてそれらを繰り返し良いものを作り上げていく必要があるのです。
簡単に説明しましたが、このほかにも様々な要素が絡んできます。

私のHPはほぼ毎日狙ったキーワードで検索結果1位にあります。
目標キーワードが複数あり、ほとんどが上位表示されていますので入口が多数あるという事になります。
そして集客もそのホームページから全体の60%を占めています

私達のサービス

こんなの出来ないと思った方もいるでしょうがこのウェブ手法もサービスの一環として提供させて頂いております。
しかし、全てをこちらで行う事は不可能ですので協力して頂く事にはなりますが、一緒に強いサイトを作り上げていくサポートはさせて頂いております。
方法をお教えする事で間違いなく知識が増えると思います。

お問合せ

必須お名前
必須メールアドレス
必須電話番号
任意ご住所
任意お問い合わせ内容