はじめまして
今回自動車関連の事業者向けに車買取を既存ビジネスに取込み活性化を図る為の方法をご提案したいと思っています。
整備工場や中古車販売店が売上を上げる為に買取に力を入れるというのは良く聞く話です。
しかしただなんとなく始めただけで売る上げはあがるのでしょうか?
それは厳しいと思います。なぜなら買取店のほとんどは大手といわれる事業者が多数点在するため競合が強すぎます。
また大手以外の買取り専門店もそのような環境に対応する為、生き残りをかけて様々な施策を打ってきます。
実際は参入障壁が高いのですが過去の成功体験や周りの噂などから車買取に参入するのは簡単だと思われがちです。
これから車買取に力を入れたい事業者様はぜひご覧頂いてほしい内容になっています。

私が車の買取店を始めるまで…..

私はもともとブローカーをしていました。
ブローカーというとイメージがあまりよくないと思います。
車の販売やもぐりの車検代行、ひどいときはガソリンスタンドや整備工場、販売店を回っては廃バッテリーやアルミホイール集め、廃油まで集めました。
更には山奥の放置車両を見つけては持ち主を見つけ出して買取し、スクラップ工場に売るといった今考えると単なる物乞い並の動きをしていました。
もっというのであれば、飛び込みで一般宅を回り不要な鉄くずを回収して非鉄金属屋に販売。
もはや日銭稼ぎです。
そのころの私と言ったらまさに「貧乏人の極み」「物乞いの鏡」のような生き様でした。
そのころの私の車はいつ止まってもおかしくないエアコン無しの550CCの軽バンで知人から1万円で譲り受けたものでした。

しかしそこで貯めた少しのお金で小さい中古車販売店を開業したのです。
しかしブローカー時代のよからぬお客様が大半を占めており、ぜんぜん儲からないしお金もないので在庫も安い車しか置けない。
来るお客様といったら知り合いの紹介か安い金額で目を引いたお客様ばかりこれじゃ儲かるはずありません。
更には原価すれすれの車検代行、部品を取り寄せては仕切りに毛が生えた位の金額で提供。
まさに低所得者の楽園のようなお店でした。
その為、私は当然ながら将来不安でしかありませんでした。

しかし私は当時からあるスキルを習得していました。
「知らないことを徹底的に調べ上げる性質」と「思い立ったらすぐ行動の精神」と「飛び込み営業や新たな事へ挑戦する勢い」がありました。
物乞いのような生活の時もそうでした。
どこに何が売れるのか?どこの会社に売るのが一番高いのかなどを徹底的に調べ上げました。
とりあえず何でもやってみました。手当たり次第に飛び込みました。ただがむしゃらに物乞いしました。
その結果、中古車店を開業する資金をためる事ができたのです。

将来への不安を抱き、さらに私は中古車販売店の難しい点に気が付いていました。
それは集客が非常に難しく、新規客の獲得が困難であるという点です。
更には競合他社が多すぎて強みを持っていない中古車販売店は値段で勝負するしかなくなってしまうということです。

もっと簡単に集客をする方法はないだろうか?

そう考えた私は過去に習得したスキルのひとつである「知らないことを徹底的に調べ上げる性質」を発動しました。
私は他の2つのスキルも同時に発動し徹底的にヒントを探しました。

そこでたどり着いた答えが…….

「買取ならいけんじゃね?」

そうして私は車買取に力を入れるようになりました。

しかし私は大手買取店を完全になめてました。。

最初のころはまったく車を買うことが出来ず、知り合いの紹介からしかほとんど買取りは出来ませんでした。
しかし私はここで挫けませんでした。

またしてもスキル発動・・・・・

市場調査分析、競合調査分析、内部の見直し、ツールの徹底検証、お客様の調査分析
WEBマーケティング方法、様々なマーケティング手法、心理学、経済行動学などなど。

様々な知識の習得、実務経験、失敗と成功を繰り返し買取では他社に負けない仕組みが出来ました。

買取をはじめて1年で売り上げも160%UP
利益率も販売の時には15%だったものが約25%までUP

そして現在の私の車は現行のベンツになりました。

この買取のノウハウを提供しようと思った理由。

私は大事に育ててきた買取のノウハウを提供することを決めました。
私は多くの中古車販売店または整備工場の方にどのようにして買取しているのかを聞かれます。
「車の買取を始めたいけどやり方を教えてほしい」
「車の買取に力を入れているけどぜんぜん買えない」
など多くの相談を受けます。
いままで私は絶対に教えずにきました。
しかし最近私の周りで買取をはじめましたという方が後を絶ちません。
でもどのようにやっているのかを聞くとまったくやり方がわかっていない。
表面上だけ真似をしていて本質的な部分が抜けている。
大事な事はそこではないのです。
そのままやっていても買取できないです。
そして事実、知り合い意外からは全く買えていないのです。
私の近くだけでもこれだけ相談を受けるということはもっと広い地域になればもっとたくさんの方が悩んでいるのではないか?
私と同じ地域であれば直接的な競合関係になってしまいますので教えたくはありません。
しかし他地域の方に教えるのは問題ないのではないかと思い今回提供することにしました。
更には一地域一社のみの提供にする事で同じノウハウを持った方同士が競合にならない事を自分なりの条件にしました。

偶然の気付き

車の買取を始めて偶然にわかったことがありました。
それは買取を始めることにより以前問題視していた新規顧客の獲得が容易になった事
買取り以外のサービスのお客様が以前より増えていることでした。
しかし私の会社では基本的に買取しかしておりませんが車検や販売の客数が以前よりも増えているのです。
それはお客様の属性と心理的要因からだと私は考えています。
「もし販売の強い販売店が買取を取り込んだら?」
「もし整備工場が買取りをおこなったら?」
現在のお仕事との相乗効果により活性化するのです。
私がこのノウハウを教える目的は現在の仕事の活性化の為に車買取を取り入れてほしいという考えからです。

最後に

最初にお話いたしますたが、車の買取に力を入れたいと思っている事業者様には読んで頂ければ何らかのヒントにはなると思います。
車の買取は決して参入障壁は低いものではありません。
今や成熟期を向かえ生き残れる買取店のほうが少ないのではないでしょうか?
これから力を入れたいと思っている方が失敗しないために私が経験し学んだことを公開していきます。