NEXT

『中古車販売店や整備工場でもっと売上を上げたいけど、
どうしたらいいかわからないあなたへ、、、』

多くの自動者関連の経営者が、もっと売上を上げたいと思っているのに、
何をどうすればいいかわからずに現状維持を続けている人がほとんどです。
お店の前に看板やのぼりを出してみたり
効果がわからないチラシを巻いてみたり
残念ながらそのような方法だけではうまくいくことはないでしょう。

更には、何か新しい事を始めようと考えやっては見たものの思ったようにいかない等

過去にはこのような方々もいらっしゃいました。

ケース1ある人は整備工場を営みながら、その知識を活かして中古車の販売で新規の顧客獲得も視野に、
新事業を立ち上げようとしましたが、新規客の獲得にうまくいかず立ち往生。
ケース2中古車販売店が「買取が儲かるよ」と聞いたので、買取に力を入れようと思って見たものの、
集客方法が解らず、さらには大手の競合他社と対峙した時の成約率はほぼ0%で買えずじまい。
ケース3近くに大きな販売店が出来たことで車が売れなくなり、対抗策として
新たに在庫を増やしチラシなどに多額の広告費をかけたが何も変わらず…

そこで現在のメイン事業に私達の車買取のノウハウを取り入れることで問題を解決する事が出来ます。
車の買い取りは需要が非常に高く常に一定のニーズがある上に、
自動者関連の企業であれば新規顧客獲得のきっかけにもなります。
一石で多くの利益を得られる可能性が有るため、
今密かに参入したいと考えている業者が増え始めています。

ですが、その望みは買取り特有の知識や経験がないために、
対した利益も得られずに後悔へと、残念な形にすり変わり、
折角の新規事業も、一銭の特にもならずに消えていくことがほとんどです。

しかし、一方で

買取専門店で一事業を成し、ガリバーやアップルなどと比べても遜色ないほど、安定して利益を得ている人達もいます。

『買取で上手くいっている人と、そうでない人では何が違うのか?
彼らが知っていて、そうでない人が知らないものは何なのか?』
NEXT
そうです、

そこには確実に成功を掴むための方法があるのです。

NEXT

その私がお教えする方法は、検索すれば簡単に取得できる内容であったり、
業界未経験の経営コンサルタントを雇ってにわかに得られる知識とは根本的に違います。
なぜなら私が実践して失敗と成功を繰り返して作り上げてものだからです。

大手買取店にもマニュアルがあります。
しかし私達のような中小零細企業が似たような方法をとってもうまくはいかない場合がほとんどです。
しかも実践となれば、そんなマニュアルだけで対応するのは難しいものとなります。

なぜならお客様は一人一人違うからです。
誰が実践しても確実に、利益をもたらすものでなければいけない。
そして、既存ビジネスを軸に売り上げを最大化するために
一社一社に適した方法を見つけ出し
100%ご満足いただけるものでなければいけない。

双方が納得し、WINーWINの関係を築いていけるようなもの。それこそが、ノウハウというにはふさわしいものかと思われます。

NEXT

『あなたはそんな買取から売上げを最大化する方法を知りたくないですか?』

そもそも、そんなものが、世に出るようなことはまずありません。
何故なら、そんなノウハウがあれば独り占めして、
自分だけ稼いでしまえばそれで良いからです。
下手に教えたりして、市場を荒らされてはたまったもんではありません。

NEXT

しかし、今回私は、

その方法をあなただけに特別に公開することにしました。

『買取で、確実に利益を上げるための方法。』

何故公開するのか?
NEXT

それは、私自身の中古車市場に対する理念に関わってきます。
今、買取市場は大手の独占状態になっています。
そこに、個人の事業主が入り込む余地などありません。

しかし、どこで聞きつけたのか、『買取って儲かるんでしょ?』だの、『おたくみたいにやれば儲かるの?』など、内情も知らずにただの儲け話感覚で、参入してきては、手痛い思いをする経営者の方が後を断ちません。

(実際に上手くいっているのは、一部のコネクションを活かした、特別な人達です。)

そこで、私は決意しました。

『我々のような個人の事業主にも、
安定して利益を確保できる市場を開拓しよう』

以下ノウハウの中身(概要)
買取ビジネスをはじめることで既存ビジネスに与える影響とは?
車の買取セールスの基本知識
集客をどのように行うか?その方法とツールとは?

その他
既存ビジネスの収益を上げるための秘策
既存ビジネスの問題点のあぶり出しと改善方法
WEBを活用した集客方法
など多数

NEXT

このノウハウをお教えするにあたって私の中に決まりごとがあります。
それは同じ地域に同じノウハウを持つ業者はお互いの足を引っ張ってしまうので
完全エリア性にすることです。

つまりひとつのエリアで一社限定の提供とさせて頂きます。

メールマガジン登録フォーム

必須お名前
必須メールアドレス
必須電話番号
任意ご住所
任意お問い合わせ内容